僕が使ってるビットコイン取引所の特徴とかを解説してみたぞ!

どうもこんにちは。遅ればせながらいくつかのビットコイン取引所で口座を開設して仮想通貨を買っている僕です。

このサイトは基本的には自動売買がメインコンテンツとなっていますが、まあビットコインのことも簡単にだけ書いてしまうかと思って記事を書いてます。

ぶっちゃけて言うと記事をある程度の頻度で更新しないとGoogle様の評価がダウンして検索で上位に表示されないのでそれ対策です。

2017年の新年の目標として「自動売買」というワードで検索エンジンの1ページ目に表示されるぞって宣言したので更新しなければならないのです。

無駄話はおいといてビットコイン取引所について記事にまとめて紹介していきます。まだ仮想通貨については知らないことも多いので間違ってることあったら申し訳ないです。

ビットコイン取引所について

世の中にはたくさんのビットコイン取引所がありますが、取引所によってそれぞれ特徴があります。

FXでも取引所によって差異がありますが、ビットコイン取引所の場合には取引所ごとの差異がとても大きいです。

例えばこの取引所ではレバレッジをかけられるとか、この取引所ではビットコイン以外の仮想通貨が買えるとかそんな感じで取引所ごとにできることは大きく変わってきます。

そんなわけで僕はいくつかの取引所で口座を開設しました。とりあえず現時点で開設した口座を紹介して特徴を簡単に記載しておきます。

新しい取引所とか使いだしたらまた追記します。

Zaif/ザイフ

Zaifは日本円で仮想通貨の板注文ができることが特徴のビットコイン取引所です。対日本円だけでなく対ビットコインで他の仮想通貨とのトレードをすることもできます。

Zaifは国内の企業である「テックビューロ株式会社」に運営されています。

ただし、現時点で取引可能な仮想通貨の種類は少なめでbitcoinとNEMとmonacoinの3つとなっています。

板注文で資金のロスが少なく仮想通貨の購入ができるのでbitcoin、NEM、monacoinを購入したい場合にはzaifを使うと良いでしょう。僕はNEMをここで買いました。

割と利用価値は高い取引所だと思います。仮想通貨をトレードするなら開いておきましょう٩( ᐛ )و

coincheck/コインチェック

coincheckは日本の企業である「コインチェック株式会社」に運営されています。

coincheckの特徴は多種類の仮想通貨を購入することができるということです。あとはサイト上での仮想通貨の価格が見やすいのも良いです。

下の画像みたいな感じで日本円ベースで仮想通貨の価格が見れます。

現時点で12種類の仮想通貨をトレードすることができるようになっています。ちなみにcoincheckも対日本円で仮想通貨のトレードが可能になっています。

coincheckの難点はビットコイン以外の仮想通貨で板注文ができず、coincheckが適宜決めたレートで購入売却を強いられるということです。

とはいっても国内のビットコイン取引所だとcoincheckでしか取り扱っていない仮想通貨も多いので、デメリットはあるものの利用者は多いです。

ちなみに僕はcoincheckでLiskを買ったことがあります。Liskは現時点で日本の他の取引所で利用されていないのでcoincheckを利用しましたが、今では下で紹介する海外取引所のPoloniexを使っているのであまりcoincheckは使っていません。

けれどPoloniexは日本語に対応しておらず若干敷居が高いので最初はcoincheckで十分だと思います。国内取引所の中では多種類の仮想通貨に触れられるので開いておくことをおすすめします。

bitFlyer/ビットフライヤー

bitFlyerはおそらく日本国内で一番知名度のあるビットコイン取引所だと思います。アンケートとかとってないので個人的なイメージです。

僕はZaifやらcoincheckやらはビットコインを買うぞーと計画してから明確に知りました。けどbitFlyerはその前から知っていました。何故かはしりません。

そもそも「bitFlyer」っていう名前からしてビットコインの取引所だなーってわかるから印象に残っていたのかも。

で、bitFlyerの特徴についてですが、ここはbitcoinしか買えない上に板注文もできません。うーんどうしてここが日本で最大手の仮想通貨取引所なんや…。

修正
bitFlyerでも「bitFlyer Lightning」を使えばbitcoinの板注文が可能です。あとEthereumも買えます。間違えてて申し訳ないです(´・ω・`)

けどほら…トップページには表示されてないしわざわざ別のツール立ち上げないといけないとか分かりにくいよね!ええ。調査不足の僕が100%悪いです本当にごめんなさい(´・ω・`)

入金は超早いです。入金の速さって結構大切ですよね、うん。仮想通貨のボラは激しいので急ぎで入金したい時は利用するのもアリだと思います。

僕は初めて仮想通貨をトレードしたときに、bitFlyerに入金してbitcoinにしてから別の取引所の口座にbitcoin送金してRippleを買いました。

その時はRippleが凄い勢いでブチ上がってたので乗り遅れないように迅速な入金をしたいがためにbitFlyerを使いました。それ以来bitFlyerは使ってません。

bitFlyerは国内の取引所の中でも開く必要性が低いと思います。数分で開設できますし持ってて損はないので開いても良いとは思います。

修正
板注文できるし流動性あるし入金も早いので作っておくと良いです。ほんと申し訳ない。謝罪して訂正します(´・ω・`)

Kraken/クラーケン


Krakenはアメリカの企業が運営しているのですが、日本に子会社を持っていて日本語にも対応しているビットコイン取引所です。

coincheckには及ばないものの日本人向けの取引所にしては多くの種類の仮想通貨をトレードすることが可能になっています。

板注文ができるのでトレード時に発生する資金的なロスは少ないです。条件としてはかなり良いですね。

ただし、すべての仮想通貨に対して日本円でトレードをすることは不可能で、対日本円でトレードできるのはbitcoinとEthereumだけになっています。

他の仮想通貨については対bitcoinでトレードをすることになります。日本円を軸にして仮想通貨がトレードしたいという人には向かないかもしれません。

ちなみに僕はここでRippleを買いました。Rippleはcoincheckでも買えるけど板注文できないしロスがもったいないと思ったので。

日本円でトレードできないというデメリットはありますがbitcoinを基軸にしとけば問題ないですし、Krakenはなかなか使えるビットコイン取引所だと思います。

日本人の利用者は上記の3つに比べてそんなに多くないみたいですが、良い業者なのでKrakenは開設しておくことをオススメします。

Poloniex/ポロニエックス


ポロニエックスは世界で一番仮想通貨がトレードされているビットコイン取引所です。

取り扱っている仮想通貨の種類も非常に多いです。トレード可能な仮想通貨の種類は上で紹介したcoincheckよりも全然多いです。

また板注文も可能なので、いままで上で紹介した取引所の中でもトレード環境は特に優れているといえるでしょう。

ですがPoloniexは日本語に対応していない海外のビットコイン取引所なので若干ですが上級者向けの取引所になっています。アメリカの会社なので言語は英語です。

また、仮想通貨を対日本円でトレードすることはできないというデメリットもあります。

日本語対応していないといっても言語的な意味で理解しなければいけない部分はそんなに無いのでそれほど恐れる必要はないでしょう。多少ですが敷居は高いので最初は日本のビットコイン取引所を使って慣れたらPoloniexもという感じで良いと思います。

まとめ

てな感じで僕が開設したビットコイン取引所についてそれぞれ紹介しました。

取引所の開設に必要な書類はほぼ同じだし、どこで開設するかを迷ったら全部開設してしまえばよいと思います。

取引所間で仮想通貨のレートは普通に数パーセント以上乖離しますし、たくさん取引所を開設しておけばその瞬間で最も良いレートでトレードすることができますし。

あとは上で紹介したように取引所ごとでできることできないことがあるので、複数の取引所があればそれを補いあうことができます。

もっと簡単に書く予定だったのにダラダラ書いてたら結構長くなってしまった(´・ω・`)では以上です( ´Д`)ノ~バイバイ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。