経済指標 自動売買 注意点

FX自動売買でせこせこ稼ぐよー外国為替でつかまえてー

FX自動売買ソフト・システムトレードでホントに勝てるの?という疑問に答えるべく、使用しているEAの設定や運小成績を全部公開していきます!初心者向けにMT4の設定方法や資金の運用方法についても説明していく。

FX自動売買でせこせこ稼ぐよー外国為替でつかまえてー » FXの基礎 » 経済指標とFX自動売買の注意点について解説!

経済指標とFX自動売買の注意点について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


FXと経済指標は切っても切れない関係にあります。

自動売買は経済指標などのテクニカル外の相場の変動要因に対して弱いので、自動売買をする際には特に経済指標に注意する必要があります。

毎日のように発表される経済指標ですが、その経済指標と上手く折り合いをつけていくことで自動売買の成績は向上していきます。

今回の記事では、経済指標とはなにかということや経済指標と自動売買の折り合いを付ける方法などを解説していきます。

経済指標とは何なのか?

まずは「経済指標とは何なのか?」ということについて解説をしていきます。

経済指標とは、大雑把に言えば各国が発表する自分の国の経済がどのような状態になっているかというデータのことです。

このデータは基本的に数値で発表されます。

例えば「2015年7月の日本の失業率は5%」というような発表を国が行っていて、こういったものを経済指標と呼んでいます。

こういった経済の状態を表す指標は国ごとに発表される上に数も多いので、毎日数十種類の経済指標が発表されています。

この経済指標はあらかじめ発表される時間が決まっていて、FX業者などのWEBサイトなどで今後の経済指標の発表を確認すること可能です。

指標カレンダー1

上の画像が経済指標の発表時間や内容がまとめられた「指標カレンダー」です。

上の画像のサイトは「みんなの外為」というサイトの指標カレンダーで僕がいつも利用しているものです。

会員登録も特に必要ないし必要な情報が過不足無く表示されているのでオススメのサイトです。

経済指標が相場に与える影響

経済指標は相場に大きな影響を与えることがある。

大げさな数字ではありますが、経済指標で「2015年7月の米国の失業率は50%」というような衝撃的な数字が発表されれば、米国の今後の情勢が危惧されます。

そうなると、米ドルの価値に危惧を感じた投資家は米ドルを手放したり売ろうとしたりする流れが生まれます(実際に失業率と通貨の価値はこれほど単純なものではないのであくまでたとえです)

そういった投資家の数が多い場合には米ドルの売りが大量に行われて短時間で米ドルの価値は急落することになります。

つまり、経済指標の発表直後には相場が大きく動く可能性があるということです。

逆に、発表された経済指標の数値が特に驚きのない普通の数値で合った場合には相場はほとんど動かないことが多いです。

指標には重要度がある

1日の間には数十種類の経済指標が発表されますが、全ての指標が重要であるわけでは無く大して重要でない指標も存在します。

トレーダーにとっての大して重要でない指標とは、相場への影響が小さい指標です。

例えば「GDP」「政策金利発表」などは非常に相場への影響が大きいですが「消費者物価指数」「鉱工業生産」などは相場への影響が小さいです。

その指標が重要な指標かどうかというのは個人の見解や意見を大きく含むものではありますが、基本的に重要とされる指標はそれほど多くはありません。

指標カレンダー2

「みんなの外為」の指標カレンダーでは指標の重要度が5段階で表示されています。

この評価が絶対的に正しいものではないですが、FX初心者の人はこの評価で指標の重要度を理解しておけば十分であるように思います。

自動売買と経済指標

冒頭でも書きましたが自動売買は経済指標に弱いです。

基本的に自動売買EAはテクニカルにもとづいて取引をするので、経済指標の急激な動きには対応することができません。

もちろん、経済指標の発表が自動売買において全て損につながるわけでは無くプラスに働く面も存在します。

しかしながら、経済指標発表時にポジションを持つことはリスクを高めることになるのは間違い無いことです。

経済指標を無視して常にEAを稼働させているという人もいますが、個人的にはリスクを回避するために重要な経済指標がある場合には事前にEAの稼働を停止することをオススメします。

経済指標とEAの稼働停止について

ここからは具体的な部分になり、個人的な意見が多くなるので参考程度にしてもらえればと思います。

上で書いたように自動売買EAは経済指標などのファンダメンタルズに弱いです。

ということで、僕はリスクを回避するために重要な経済指標がある場合には自動売買EAの稼働を停止しています。

重要指標の判断方法ですが、僕は基本的には指標カレンダーのレベル5の指標を重要指標と捉えています。

なので僕は自動売買のリスクを避けるためにレベル5の指標がある場合には自動売買EAの稼働を停止しています。

特に自動売買初心者の人はリスクを避けるためにも重要指標の際にはトレードを停止する方が良いように思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

このサイトの中の人(のぶろう)
noburoサムネ 「外国為替でつかまえて」を運営しているのぶろうです。
自動売買やら裁量トレードやらをしながら生活をしています。
このサイトでは自身の自動売買の成績を公開しながら、FXで役立つ情報を発信しています。
現在は、FX自動売買ソフト(EA)の作成にも取り組んでいます。
メルマガの詳細はコチラ⇒
問い合わせはコチラ⇒
海外FX口座開設に必須のサイト!
つこてるFXブローカー
MT4スプレッド
つこてるEA
つこてたVPS
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント
人気ブログランキング
ついったー
ふぇいすぶっく
FX情報メールマガジン配信中!