FX自動売買講座6回目「レバレッジ」【メルマガバックナンバー】

今回は「レバレッジ」について解説をしていきます。

前回のメールで投資額を増やしていけば得られる利益も増えるということを書きました。

たとえば、ドルと円のやり取りをしてやり取りの結果1円分の差額が発生した場合

10ドル購入で10円
100ドル購入で100円
1,000ドル購入で1,000円
10,000ドル購入で10,000円

の損益が発生することになるということでしたね。

例では米ドル/日本円(以下:ドル円)のレートが1円変動した場合としましたが、実際にはドル円が1円動くには結構な時間がかかります。

ドル円だと1日かけての値動きの上下幅が2円を超える日はかなり珍しいです。1日で1円動くことはよくありますが、1日で1円動かないというのも良くあります。

大体1日に1円動くとして1日の値動きを上から下まで全て取り切っても、10,000ドル分購入で10,000円くらいしか得られないということですね。

10,000ドルというと大雑把にいって100万円程度です。

さらに、値動きを上から下まで取り切ることはほどんどできませんし一流のトレーダーであっても値動きの半分も取れれば上出来です。というかコンスタントに一日の値動きの1/10でも取れればスーパートレーダーと言えるでしょう。

となると、それなりに多い資金を持っていないと1日の利益が1万円を超えることすら難しいということになっていまいますよね。

そこで出てくるのがレバレッジです。

レバレッジは「てこ(レバー、lever)の原理」のことで少ない資金で大きな資金を動かすことができる仕組みのことです。

このレバレッジを利用すればたとえ少ない資金しかなくてもその何倍もの金額の取引をすることができるのです。

もの凄く大雑把に言ってしまえば1,000円しか資金がなくても1,000円以上の取引ができるという感じですね。

もちろん無制限に大きな取引ができるのではなく上限は決まっています。日本のFX業者で取引をするのであればレバレッジの上限は25倍と規程されています。

また、海外のFX業者であれば国によって上限は異なりますが200倍や500倍のレバレッジをかけることも可能です。

日本のFX業者は世界的に見てもレバレッジの制限が異常に厳しいことが分かりますね。

まあ、海外の話は置いといて持っている資金の25倍もの取引ができるというのはFXをする上で大きなメリットであると言えるでしょう。

少ない資金しか持っていなくてもそれなり額の取引ができるので数ある投資の中でもFXは参入のハードルが低いです。

実は、数年前までは日本のFX業者もレバレッジ200倍など非常に高いレバレッジをかけれるサービスを提供していました。

しかし、このレバレッジを最大限に活用して取引をすると少しの値動きで口座の資金はゼロになってしまいます。

FXによって破産する人も出てくるようになり規制がされた結果、現在のレバレッジ上限が25倍という環境が作られました。

正直、レバレッジ上限25倍というのは行き過ぎた規制のような気がしますが・・・。

この大規模な規制が行われたことから学ぶべきことは「トレードをする際にはレバレッジをかけ過ぎない」ということです。

勉強をして経験を積みながらFXを続けていれば、その期間や勉強量に応じて利益を出すことができるようになる可能性は高くなっていきます。

しっかりと正しい勉強をすればという前提はつきますが、負けるトレードは減っていきますし勝てるトレードは増えていきます。

でも、最初は何が正しいのかということは初心者には簡単には分かりません。

なので、最初は相場に生き残って知識を付けることが大切なんですね。相場に生き残って知識をつけていけば徐々にではありますが勝てるようになっていきます。

しかしながら、それまでに大きく負けてしまい退場してしまう人がほとんです。大きく負ける最大の原因がレバレッジのかけすぎです。

では、具体的にはどの程度のレバレッジならかけていいのかということになりますが、これに関しては一概にこれくらいとは言えません。

たとえば、一度の取引で100銭の値幅を狙うトレードと一度の取引で100銭の値幅を10銭を狙うトレードではレバレッジのかけ方が変わってくるからです。

後は、トレーダーの心理状況や相場の状態でもかけるべき適切なレバレッジというのは変わっていきます。

つまりレバレッジの適切な値というのは人それぞれ違うんですね。

参考になるかどうかは不明ですが、僕が現在行っている自動売買では一度の取引で最大でも資金の10%の損失しかでないようにレバレッジの設定をしています。

もちろん10%も負けることはほとんどありませんし、1度の損失は2%程度で収まってしまうことがほとんどです。個人的にはこれでも結構リスクをとっている方だと思っています。

なので、初心者の人はこれよりも低リスクで取引をすることをオススメします。

まあ、適当な基準ではありますが勝てるようになるまでは1回の取引での最大損失は5%以下には収めた方がいいと思います。(5%でもメチャクチャ大きいと思いますが)

勝てていないのにレバレッジを上げる行為は相場からの退場を早めるだけですからね。

レバレッジなんていうのは勝てるようになってから上げれば十分です。とにかく最初は相場で生き残ることを目標にするべきです。

勝ちたいという気持ちは分かりますが、最初は勝つのは2の次です。そのためにはレバレッジと上手く付き合っていく必要があります。

負けた時に「この負け額は痛すぎる」と思えばレバレッジを下げればいいです。

知識や技術が足りないのに無理に取り返そうとすると、負け額を増やして退場の時期をはやめることになってしまいます。

一言で言うと最初はゆっくりまったりとやっていけばいいんじゃないのということですね。

本当の勝負は数年後と思ってながい目で考えていけばレバレッジをかけすぎることもないのではないかと思います。

「まずは相場に生き残る」これを目標にしてFXを始めて行ってもらえれば、何の目標も無いままに始めるよりは上手くいくのではないかと思います。

今回のまとめ

  • FXでは自己資金より多くの取引が可能がレバレッジという仕組みがある
  • 日本のFX業者では最大25倍のレバレッジがかけられる
  • 海外のFX業者なら200倍や500倍のレバレッジも可能
  • 最初はとにかく相場で生き残ることが肝心

今回は以上ですが、レバレッジは超重要な事項なので必ず理解をしておくようにしましょう!次回は「pips」について解説していきます。

次回:FX自動売買講座7回目「FXの基本単位「pips」について」

前回:FX自動売買講座5回目「FXの損益はどうやって発生する?」

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。