MT4 導入方法 解説

FX自動売買でせこせこ稼ぐよー外国為替でつかまえてー

FX自動売買ソフト・システムトレードでホントに勝てるの?という疑問に答えるべく、使用しているEAの設定や運小成績を全部公開していきます!初心者向けにMT4の設定方法や資金の運用方法についても説明していく。

FX自動売買でせこせこ稼ぐよー外国為替でつかまえてー » MT4 » MT4(メタトレーダー4)の導入方法から稼働までを詳しく解説

MT4(メタトレーダー4)の導入方法から稼働までを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これからFXの自動売買を始めようとする人にとって、MT4を使って自動売買を始めるという選択肢はもっともポピュラーなものです。

パソコン初心者の方の中には、MT4での自動売買が難しいという理由で敬遠する人も多いです、自動売買で本当に儲けようと思うのであれば、MT4を無視することはできないです。

最近はトラリピとかシストレ24とかみたいにMT4不要の自動売買サービスも増えてるけれど、企業がサービスをするってことはその分こっちの利益がそのサービス料として削られるってことになる。

てわけで、ちゃんと自動売買をやるならMT4を使用する自動売買が最適って思ってます。

今回の記事では、MT4の導入方法から稼働までの手順をパソコン初心者の人にも理解できるように紹介していきます。

MT4とは?

そもそも、MT4とは何か?ということについて簡単に説明していきます。

MT4(正式名称:Meta Trader 4)は、ロシアのソフトウェア会社が作成した、投資用の取引ツールです。

MT4の見た目はこんな感じ。いかにもトレードツールっぽいやつ。

MT4画像

このMT4は無料で使用することができるにもかかわらず超高機能であるため、世界中の投資家に使用されています。

MT4は自動売買だけでなく裁量トレーダーにも使用されていて、FXガチ勢はほぼ利用しているほどの有名ツールです。僕も裁量トレードの際にMT4をガッツリ利用しています。

で、MT4と自動売買との関係についてですが、多くの自動売買のソフト(以下:EA)はこのMT4上で動くように作られています。

つまり、MT4で自動売買をするためには、パソコンにMT4を導入して更にそのMT4にEAをセットして自動売買をする必要があるということです。

個人的に分かりやすいなーと思った例を出すと、MT4がゲーム機本体で、EAがゲームソフトって感じですかね。MT4を用意して、自分の任意のEAをMT4にセッティングすることでEAが作動してトレードが自動で行われます。

最初の自動売買の環境構築は面倒の極みなんですが、MT4の導入とEAの導入が完了してしまえば、後は24時間稼働させるだけで、EAが勝手にFXトレードをしてくれるようになります。

MT4上でEAは勝手に取引をしていきますが、当然ながら性能の低いEAだと負けを積み重ね、資金は減っていってしまいます。

ということで、EA選びには細心の注意を払う必要isある。

MT4がどんなものかは、最初はこれくらいの認識で十分だと思います。何事も経験だし、実際使ってみて初めて分かることって多いから最初はこれくらいの知識で十分なはず。

MT4以外での自動売買の方法は?

MT4を使って自動売買するのが最もポピュラーな方法ですが、他にも自動売買の方法は存在しています。

MT4を使っての自動売買の次にポピュラーなのがおそらく「ミラートレード」です。最近では、ミラートレードを提供しているFXを業者が増えてきていることもあり、世間にも認知され始めています。

マネー系の雑誌で特集されているのをたまに見かけるので、聞いたことがある方もいると思いますが「シストレ24」とか「エコトレFX」とかがミラートレードでは有名ですね。

ミラートレードはなんといっても設定が簡単で導入が簡単だし、EAが完全に無料なので敷居が低く利用者がどんどん増えているみたい。

ですが、ミラートレードには大きなデメリットがあります。

で、ミラートレードのデメリットは何かと言うとなんといっても「取引の際の手数料が高い」こと。あとは「カスタムができない」こともデメリットの1つです。

イメージとしては、MT4での自動売買は導入が面倒だけど自由度が高く、ミラートレードよりも利益率がいいという感じです。

あとはMT4を使うので、裁量トレードへの移行もスムーズに行えるというのもメリットの一つと個人的には思います。

僕自身、自動売買でFXを初めて収支がプラスになり、数少ないプログラムで勝てるなら人間ならもっとたくさん勝てるじゃんとおもって裁量トレードを始めたくちなので。

詳しい比較はまた別の記事でするとして、とりあえず、MT4での自動売買以外の選択肢も存在するということを知っておくべきでしょう。

MT4の導入方法から稼働までを詳しく解説

MT4で自動売買をするにあたり必要なものは4つあります。

それは「MT4を24時間稼働させる事ができる環境」「MT4を使用できるFX業者の口座」「MT4を入手する」「EAの入手」です。

ではこの4つについて、それぞれを簡単に説明していきます。

MT4を24時間稼働させる事ができる環境

自動売買を24時間行うためには、MT4とEAが24時間稼働している必要があります。パソコン上でプログラムが常に動作していないと自動売買はできないので。

自分の家にあるパソコン上に自動売買環境をセッティングして、電源を24時間つけっぱなしにしておけば自動売買は可能です。

しかし、自宅のパソコンを24時間オン状態にしておく場合には、スリープモードになるとMT4は稼働しないし停電や強制アップデートでパソコンが止まるなどのリスクが生まれてしまいます。

また、自動売買以外の作業をする場合に邪魔になります。

そういったリスクを避けるために存在するのが、バーチャル・プライベート・サーバ(通称:VPS)です。VPSは仮想専用サーバとも言われ、サーバ上に仮想的に作られた24時間稼働するコンピュータのことです。

VPSがどんなものか簡単に言えば、自分のパソコンから操作することができる、自分のパソコンとは別の場所にある24時間稼働するバソコンって感じです。書いてみたもののわかりやすいかは謎。

このVPSは、レンタルサーバ業者が貸出をしていて、レンタルサーバ業者と契約をすることで借りることができます。

VPSでMT4を稼働させておけば、自分のパソコンの電源を落としてもVPS上でMT4は稼働し続けるので自動売買を続けることが可能になります。

他にも、レンタルサーバ業者は停電対策もしているので、取引上でのリスクを低下させることもできるっていうメリットもあります。

パソコンをつけっぱなしにするのに必要な電気代とVPSの料金はあまり変わらないらしいので、自動売買をするのであればケチらずにVPSを使うことをオススメします。

最初はあまり経費をかけたくないだろうから、利益が出てきたらVPSの契約をするのもありかなぁとは思いますが、基本的に自動売買にとってVPSは必須のものです。

ちなみに僕は、最初からVPSを契約して自動売買を開始しています。

お名前.comってとこでFX自動売買専用のVPSサービスが提供されているので、最初はこれを使うのが最もおすすめですかね。月額3,000円以下で利用できるし、まともな企業が運営していてサーバーも安定してるしでVPSを借りるならここ一択かなと。

MT4を使用できるFX業者の口座

FXをするためには、FX業者と契約して専用の口座を作る必要があります。

FX業者には国内外にいろいろありますが、MT4を使用できないFX業者は多いです(特に国内のFX業者の多くはMT4は利用できないようになっています)

例を出せば、ミラートレードを提供している「シストレ24」や「エコトレFX」ではMT4を使用することはできません。あとは国内最大級のFX業者であるDMM.FXやGMOもMT4には対応していません。

で、今僕が使っているのは「OANDA JAPAN」という国内のFX業者で、日本国内ではMT4使用可能な業者として最大のFX業者です。

そもそも国内業者でMT4利用可能な業者は少ないですし、スプレッドの狭さも他のFX業者と比較してかなり優位なのでOANDA JAPANはかなりおすすめ。

FX業者を選ぶポイントや僕が使っているオススメのFX業者については別の記事でさらに詳しく紹介します。

MT4を入手する

FX業者と契約することで、そのFX業者からMT4をダウンロードすることができるようになります。

MT4に対応していないFX業者はMT4をダウンロードするサービスを提供していないので、そういった業者では自動売買をすることはできません。

で、VPS環境にMT4をダウンロードして自動売買を行うことで、24時間安全に自動売買をすることができるようになります。

EAを入手する

FX自動売買をするためには、自動売買プログラムである「EA」を入手しなければ、自動売買をすることはできません。

EAには無料のものから高額なものまで数多くありますが、EA選びの失敗は自動売買の失敗に直結します。EAに搭載されたトレードシステムに優位性がなければ、長期的に見て利益を出し続けることは不可能なので。

ということで、EAを選択する際には細心の注意を払うようにするべきです。

個人的には、一番大切なのがFX業者選びで、次点がEA選びです。FX業者選びに関しては大手の国内業者を選んでおけばだいたい大丈夫ですが、EA選びはそれなりに経験がないとよいEAを選ぶのは難しかったりします。

この4つが準備できたら、あとはVPSにMT4をインストールしてEAのセッティングするだけです。

手順については順を追って紹介していきます。

MT4の導入方法から稼働までの手順

というわけど、MT4を1から導入して稼働に至るまでに必要な手順を紹介します。細かい作業で手順が増えることはあるものの、大まかにわけて自動売買環境構築手順は下の4つの手順を踏めば完了します。

この手順を1記事にまとめると長くなりすぎるので、それぞれの手順をクリックした先の別記事リンク先で具体的な方法について解説をしています。

1.VPSにMT4をインストールしてセッティングする
⇒MT4のインストール手順と設定方法
2.EAをMT4にセットする
⇒MT4へEA(自動売買ソフト)をセットする手順・方法
3.自動売買のパラメータ設定をする
⇒自動売買EAのロットの大小はどう決める?
4.自動売買を稼働する

以上の手順をこなすことでMT4での自動売買を行うことが可能になります。パソコンに詳しくない方は、一つ一つ確認しながら手順を進めていくとよいでしょう。

ということで、自動売買の環境の作り方を簡単に説明しました。最初は分からないことだらけだとは思いますが、一度やってみると案外簡単なものです。

自動売買は裁量トレードと比較して初心者でも圧倒的に勝ちやすいトレードスタイルなので、投資を始めてみたいという人にはおすすめです。

この記事が投資はじめの参考になれば幸いです\( 'ω')/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
このサイトの中の人(のぶろう)
noburoサムネ 「外国為替でつかまえて」を運営しているのぶろうです。
自動売買やら裁量トレードやらをしながら生活をしています。
このサイトでは自身の自動売買の成績を公開しながら、FXで役立つ情報を発信しています。
現在は、FX自動売買ソフト(EA)の作成にも取り組んでいます。
メルマガの詳細はコチラ⇒
問い合わせはコチラ⇒
海外FX口座開設に必須のサイト!
つこてるFXブローカー
MT4スプレッド
つこてるEA
つこてたVPS
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント
人気ブログランキング
ついったー
ふぇいすぶっく
FX情報メールマガジン配信中!