自動売買EA「SuperNOVA ver2.0」のレビューをするぞ٩( ᐛ )و

新しいEA「SuperNOVA ver2.0」を導入したので恒例のEAレビュー記事を書いていきたいと思います。

ありがたいことに個人的に好みのEAが増えつつあるので最近EAを買うペースが速くなってます。

基本的に良いEAは多ければ多い方が利益が出るし収支も安定するので、良いと思ったものはガンガン買っています。

ということで、今回購入および導入した「SuperNOVA ver2.0」を個人的な感想とともに評価しレビューしていきたいと思います。

「SuperNOVA ver2.0」のザックリ概要紹介

まずはEAの概要について紹介していきます。公式サイトのデータをもとにして記載しています。

  • EAの名称:SuperNOVA ver2.0
  • 取引スタイル:デイトレード
  • 通貨ペア:USD/JPY
  • 最大ポジション数:1
  • テイクプロフィット:内部ロジックによって出来るだけ利益を伸ばして利確
  • 最大ストップロス:153pips
  • 概要は以上のような感じになっています。ドル円の1ポジションのトレーリングストップ機能付きデイトレードEAになっています。

    さらに詳しい情報は公式サイトで確認ください。下のリンクから公式サイトに飛べます。

    「SuperNOVA ver2.0」のフォワード結果から分かる特徴

    ここからはSuperNOVA ver2.0のフォワード結果からEAの性能を見ていきます。上の画像が公式販売サイトのfx-onで公開されているフォワード結果です。

    この記事の作成日は4/3となっています。それ以降の結果が見たい場合は公式サイトで確認してください。

    ではこの成績をもとにしてSuperNOVA ver2.0の性能やらについて僕が分かる範囲で解説をしていきます。

    「SuperNOVA ver2.0」のリスクリターンについて

    僕がEAを選ぶ際に特に重要視するのは利益と損失の関係なのでまずはこそから。

    フォワードテストによれば、平均利益は8,075円で平均損失は-14,425円となっています。

    平均利益と平均損失の絶対値を比較した場合、平均利益の方が若干少ないものの利益と損失の関係はEAにしてはかなり良いと言えます。

    もちろん理想を言えば損小利大の方が好ましいのですが、EAに損小利大で高勝率を希望するのはハードルが高すぎだと思うのでこれくらいで十分かと。

    続いて、最大利益が48,000円で最大損失が-90,100円という数字についてですが、こちらもそれほど悪くないと思います。

    平均損失と最大損失を比較すると平均損失がかなり低く、早めの損切が行われるケースが多くあることが分かります。

    最大ポジション数と最大ストップロスから見るリスク

    最近僕がEAを選ぶ上で特に重要視するのが最大ポジション数と最大ストップロスです。

    やはりコツコツと増やしていくことを考えるのであれば、リスクの限定というのは絶対に必要になるわけですよ。

    1ポジションで最大ストップロスが大きすぎなければ最大損失は大きくはならないですし、ロットを大きくして大打撃を受けることはありません(もちろんロットを大きくしすぎた場合は別ですが)

    最大ストップロスは153pipsと若干深めですが、平均損失と最大損失を見ると基本的には最大ストップロスよりもかなり浅い段階で損切されるのでそれほどリスクは高くないと言えるでしょう。

    最大ポジション数は1ポジションですし。この程度のストップロスであればリスクとしてはかなり低い部類のEAになります。

    fx-onでフォワード良好の売れてるEAの中には最大ポジション数10で最大ストップロス100pipsとかいうのもあるけれど、こういうのはどれだけフォワードが良くても僕は買いません。

    一撃喰らったら壊滅的な打撃を受けるEAにはロットを入れられないし、そうなると旨みがなくなってしまうので。

    という感じで、少なくともリスク面で見た場合にはSuperNOVA ver2.0は良いEAであると言えます。

    「SuperNOVA」と「SuperNOVA ver2.0」があるので注意

    実は同じ作者さんのEAには「SuperNOVA」と「SuperNOVA ver2.0」があり、両方ともfx-omで販売されているので購入する場合には間違えないように注意が必要です。

    「SuperNOVA」は最大ポジション3ということで「SuperNOVA ver2.0」と比較して大きく異なるEAになっています。

    あくまで個人的な考えですが「SuperNOVA」は購入しないですしあまりオススメしないです。

    フォワードはプラスで推移してますし良いEAではあるのですが、やはりリスクコントロールという面から最大3ポジは利用しにくいです。

    1ポジションの最大ストップロス130なので3ポジだと最大で一撃400pips喰らってしまうわけで、もしロットかけてたら口座の半壊もあり得ます。

    てわけで、この記事読んでSuperNOVA ver2.0よいなーと思った人は間違えずにver2.0を買うようにしましょう。下にver2.0のリンク置いとくのでどうぞ。

    「SuperNOVA ver2.0」を買うとキャンペーンでEAがもらえる!

    何やら現在キャンペーン中ということでSuperNOVA ver2.0を買うとAUDJPY版EA「SuperNOVA_Σ ver0.739」がもらえるようです。

    一応現時点では先着40名様ってことになってますね。売れ行き伸びたらもうちょい延長してくれるかもなぁとは思いますがその辺はわかりません。

    バックテストは良い感じなので使ってみたい人は自身でフォワードテストをしてから導入するのもアリだと思います。

    通過ペアがAUDJPYということで他のEAとバッティングしないのは良いですね。

    こっちのEAについては販売者の方のブログで詳しく紹介されているので、さらに詳しい情報はそちらでどうぞ。

    ※記事を書いた時点ではまだ40名以下だったのですが、記事をうpする時点で40名を超えてしまいプレゼントキャンペーンは終了してしまっています。

    全体的な評価

    EAの情報とフォワードテストから判断するとSuperNOVA ver2.0はTP/SLのバランスが取れた低リスクのEAです。

    1ポジションでリスクリターンが良好なEAはまさに僕が欲してるものでいくらあっても多いということは無いです。

    こういうEAをたくさん突っ込んだポートフォリオを組むのが理想と考えているので、発見して即購入を決定しました。

    最近はこういう僕好みのEAが増えてきていて市販の商品でも本気で自動売買をできる環境ができつつあるように感じます。

    僕が心から良いと感じる数少ないEAなので普通におすすめします。ま、買って間もないので僕自身のフォワードはどうなるかわかりませんが!

    まとめ

    SuperNOVA ver2.0は自動売買のリスクに耐えうる非常に良いEAだと思います。

    EAにしては比較的安いですし、製作者さんのブログを見ると良いものだけを出品しようとする姿勢が伺えて良いですね。同作者様からの新作が待たれる。

    まあ新作が出てもすぐには買わないし、フォワードテスト1年くらいは見てから良ければ買うんですけども。

    買って損はないと思います。僕は損すると思って買ってないですし。まあもちろん売買をする以上、損する可能性は十分にあるんですが。

    とりあえずそんな感じです。SuperNOVA ver2.0は良い。ストロングバイ!!!!僕からは以上。

    Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。