FX 自動売買 稼ぐ

FX自動売買でせこせこ稼ぐよー外国為替でつかまえてー

FX自動売買ソフト・システムトレードでホントに勝てるの?という疑問に答えるべく、使用しているEAの設定や運小成績を全部公開していきます!初心者向けにMT4の設定方法や資金の運用方法についても説明していく。

FX自動売買でせこせこ稼ぐよー外国為替でつかまえてー » EAの評価・レビュー » 自動売買EA「一本勝ち」の評価・レビュー

自動売買EA「一本勝ち」の評価・レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


久々に良さげなEAを見つけて購入・稼働開始をしたのでレビュー・評価記事を書いておきます。

記事タイトルを見てもらえればわかると思いますが「一本勝ち」というEAを購入しました(購入は2017年1月です)

すでに結構売れてるEAなので、もう持ってるという人も多いのではないかと思います。

まだ持ってない人に参考になるようなレビューと僕が購入に至った理由やら個人的な評価を書いていきます。

「一本勝ち」の概要

EAの名称:一本勝ち

取引スタイル:デイトレード

通貨ペア:USD/JPY

最大ポジション数:1

テイクプロフィット:トレーリングストップで上限なし

最大ストップロス:80pips

さらに詳しい情報は公式サイトで確認ください

⇒「一本勝ち」公式販売サイトへ一本勝ち | fx-on.com

「一本勝ち」のフォワード結果から分かる特徴

一本勝ち成績

上の画像は一本勝ちの販売サイト(fx-on)で公開されているフォワード結果です。(上記画像は記事作成時のキャプチャなので最新のフォワード結果は公式サイトで確認してください)

⇒「一本勝ち」公式販売サイトへ一本勝ち | fx-on.com

販売開始からほぼ1年がたっていますが、右肩上がりに資金が増えていってるということが分かります。

fx-onで販売されているEAでフォワード結果が右肩上がりのものはたくさんありますが、利用したいと思うEAはほとんどないです。

そんな中でも僕が一本勝ちの購入を決めたのは僕が理想とする自動売買に適した作りになっていたからです。

ってわけで個人的に良いと思った特徴をあげていきます。

最大ポジション数が1つである

一本勝ち最大ポジション数

最大ポジション数が1つというのはそれだけでとても良いです。ポジション数の少ないとリスク管理しやすいですし。

もちろんポジション数が1つでもストップロス(以下SL)がメチャクチャ深いとかだとだめですが、一本勝ちのSLは最大で80oiosってことで許容範囲内だと思います。

少し前にfx-onで大々的に宣伝されてたEAは最大ポジション数が1つだったけどSLが400pipsだったのでそっと閉じました。100本くらい売れてたけども。

最近はポジション数が少なくて成績が良いEAが増えてきているし、自動売買に大きな資金を突っ込むことができる可能性を感じています。

White Bearシリーズは少額で回すには良いEAではあるのですが、ポジション数が多いので最大損失のことを考えると1ポジションあたりのロットを抑えざるを得ないです。

ポジション1つであればリスク管理はしやすいし、1ポジションにリスクをかけやすいってことで、大きめの資金を投入することを考えるとそれだけで価値があるってことです。

もちろん成績が悪ければリスクかけても利益出ないんですが、成績については次の項目で!

フォワード結果から見るリスクとリターン

一本勝ちリスクリターン

一本勝ちの概要の項目でテイクプロフィット(以下TP)とSLを書きましたが、設定上の数値だけでは実際のリスクとリターンはわからない。

ってことでフォワード結果から実際のリスクリターンを見ていきましょう。

EAのロジックはブラックボックスなわけだから、せめて手に入るデータからそのEAの実質的リスクリターンを知っておくことは重要です。

平均利益とと平均損失を見てると損失の方が大きいけどおおよそ利益に対して2.5倍くらい。

理想は損小利大なんだけどEAに損小利大を求めるのは難しいことだし、1ポジションでこの程度の割合であれば十分かなと(勝率も8割近いし)

最大利益を見ると最大損失よりも大きくなっているし、普段は小さめにコツコツ抜きつつも大きく取れるとこはトレールで大きく取りに行くって感じですね。

そんな感じでリスクとリターンの割合はEAとしては良好であるという印象です。

1年で収益率100%について

一本勝ち収益率

収益率が1年間で100%突破したということで、このデータを切り取って宣伝がされていますがこれは数字のマジック的なやつです。

収益率なんてものはリスクかければ瞬間的に100%を超えるケースもそれなりにありますし、単体で見るべきものではないです。

最大ドローダウンを見ると16%になっていますし、このドローダウンから見ても大きめのリスクをかけていることが分かります。

ロットは自分で調整できるので、フォワードテストよりも抑えておかないとちょっとリスクが高すぎるかなと思います。

ってわけで、一本勝ちを運用してフォワードと同じような結果を出すのには大きなリスクが伴います。

損失を出した場合、その損失を回復させるためには損失以上の利益率が必要になります。(下の画像は資金10万円の場合)

lost
画像引用元:http://www.lfx.jp/mado/quantity.html

仮にフォワードと同じように稼働させて最大ストップロスが2連続で発生して資金の30%を失った場合には、回復させるためには約42%の利益を出す必要が出てきます。

2回ならまだセーフだけど3,4回連続となると回復するのがかなり大変になってきます。

EAは万能じゃないし、全体でプラス収支が見込めるものであっても瞬間的には負けが込むときもあります。

ってわけで、収益率だけを見てEAを買ってはダメってことですね。ちゃんとリスクリターンを見たうえで判断しようぜということで。

個人的には最大でもロット設定はフォワードの1/3くらいかなぁと思っています。

これなら1度の最大損失は5%程度で抑えられるしある程度連敗しても、回復利益率が損失率と乖離しまくることはないですし。

たとえ1/3のロット設定でも1つのEAで収益率30%なら十分でしょと思う。

ちなみに僕はフォワードの1/5くらいのロット設定でまったりと使っていく予定です。他のEAとの兼ね合いもあるしね。

ティックチャート的な問題

EAはブラックボックス的な部分が多いので深いところまではわかりませんが、どうやら一本勝ちはティックチャートを利用したEAのようです。

ティックチャート自体について説明すると長くなるので、どういうものか詳しく知りたいという人はググってください。

配信されるティックチャートは業者間で多少差異があるようで、それが原因でティックチャートを利用したEAは業者間でパフォーマンスが異なるケースが多いと言われています。

僕は複数の業者で自動売買をしてるわけではないので本当にパフォーマンスに差異が大きく表れるのかわはわかりませんが…。

というわけで、フォワード結果とはエントリーやイグジットが乖離してしまう可能性は十分にあると思います。

成績を見る限りでは、多少ティックの要素で差異があったとしても長い目でみれば利益は出るだろうとは思っています。

まとめ

という感じで一本勝ちは良いEAだと思ったので新しく購入してみました。

複数ポジション積んでくEAは一度のトレードで大きな損失出す可能性あるし、かといって最大損失を基準にしてロット設定すると利益がかなり少なくなる。

ってわけで、今後はこういう1ポジションのリスクリターンの割合が良いEAを増やして稼働させていきたいと思っています。

自作EAの開発もこういう方針で作ってく予定なのですがまだほとんど進んでないです。

将来的には1ポジションでリスクリターンの割合が良いEAを10個くらいでポートフォリオ組んでそこそこのリスクで回せたら、自動売買でもかなり大きなリターンが得られるのではないかと妄想しています。

妄想だけで終わるかもしれませんが。

というわけで話が脱線したところもあるけれども、自動売買EA「一本勝ち」のレビューでした!

⇒「一本勝ち」公式販売サイトへ一本勝ち | fx-on.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

このサイトの中の人(のぶろう)
noburoサムネ 「外国為替でつかまえて」を運営しているのぶろうです。
自動売買やら裁量トレードやらをしながら生活をしています。
このサイトでは自身の自動売買の成績を公開しながら、FXで役立つ情報を発信しています。
現在は、FX自動売買ソフト(EA)の作成にも取り組んでいます。
メルマガの詳細はコチラ⇒
問い合わせはコチラ⇒
海外FX口座開設に必須のサイト!
つこてるFXブローカー
MT4スプレッド
つこてるEA
つこてたVPS
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント
人気ブログランキング
ついったー
ふぇいすぶっく
FX情報メールマガジン配信中!