【FX初心者おすすめ本】コペルニクス的転回をもたらすパない書籍

多くのFXブログで、おすすめのFX関連書籍を紹介する記事が書かれています。

ということで、僕も他のFXブログにならってオススメのFX関連書籍を紹介していこうと思います(タイトルは若干ふざけているが内容は至極まとも)

初心者向けのFX関連の書籍は数が多いが、その中で本当に良い本は一握りです。

僕は、投資開始初期に良い本に出合えてよかったと思っているので、この記事でその本を紹介する。

僕とFX関連書籍

本を紹介する前に少しだけ僕とFX書籍について語っておこうと思います。

実は、僕は今までにFX関連書籍は2冊しか買ったことが無いです。

その理由は、2冊目に出会った本(この記事で紹介する本)が良い本であったため、それ以上FX関連の書籍を購入する必要が無かったからです。

ちなみに、今までで買ったのは2冊ですが、立ち読みで結構な数のFX関連書籍を読んでいるから本の良し悪しはそれなりに判断できているつもりです。

コペルニクス的転回をもたらすパない書籍

地動説と天動説

では、本題に入って、僕が出会ったコペルニクス的転回をもたらすパない書籍を紹介します。

ちなみに、コペルニクス的転回というのは、天動説が常識であった時代に、地動説を唱えたコペルニクスの考え方を元にした言葉で、物事の見かたが180度変わるような事を意味します。

無駄話は置いておいて、その本というのは井上義教さんが書いた「FXチャートリーディングマスターブック」です。

井上義教さんについて

井上義教さん
↑が井上義教さんの写真

まずは、「FXチャートリーディングマスターブック」の著者である井上義教さんのプロフィールから紹介する。

井上 義教 (いのうえ よしのり)
昭和63年大阪大学経済学部卒業、 同年大和銀行(現・りそな銀行)入行。
平成3年よりロンドンの証券現法にて為替・債券のディーリング業務に従事。
為替・債券・スワップ市場などのチーフディーラーを歴任し、チームを統括。
現在、株式会社オスピス 取締役 兼 チーフアナリスト

ついでに井上義教さんの公式サイトに記載されているメッセージも転載して紹介させてもらいます。

井上からのメッセージ
「チャートリーディング」の世界へようこそ!
FXで個人投資家が勝てない理由は様々ですが、私はチャートやテクニカル分析への抵抗を棄てることが第一歩と考えています。ファンダメンタルズに頼り切り、下がったら買うといったようなトレードを続けていては、いつまで経っても勝ち組には入れません。 また、トレードは、相場観、ポジションの保有期間、ロット、健康状態、その時の調子、集中力、選択する通貨ペア等、色々な要素によって結果は千差万別です。 「テクニカル分析」という言葉に身構えることなく、皆さん一緒に、少し考えてみませんか。

井上義教さんはファンダメンタルズに頼るのではなく、過去~現在のチャートから少し先の未来を予測する「チャートリーディング」を利用したトレードを推奨しています。

FXチャートリーディングマスターブックについて

チャートリーディング写真

ここからは「FXチャートリーディングマスターブック」にどんなことが書かれているのかを紹介していきます。

この本は「チャートの読み方」の解説に特化しています。

ほとんどのFX書籍では「ファンダメンタルズも重要」と無難なことが書かれているが、この本ではファンダメンタルズに頼るトレードをバッサリと否定している。

もちろん、ファンダメンタルズを完全に否定しているわけではないが、短期的にはテクニカルが圧倒的に優位というスタンスで書かれています。

テクニカルとファンダメンタルズについて以外でも尖った内容の記載は多く、無難でありきたりなFX書籍にはなっていません。

僕がコペルニクス的転回を感じた記載

この本で特にスゴイと思った箇所は「安くなったら買う、高くなったら売る」というトレードを危険な手法として徹底的に否定しているところでした。

その変わりに、この本では「高くなったら買う、安くなったら売る」というトレードを全編通して推奨しています。

他の初心者向けのFX関連書籍でも「高くなったら買う、安くなったら売る」という記載を見かけることは結構あります。

ですが、他の書籍ではその記載がたった数行であったり「こういう方法もあるよ」程度のものであることが多いです。

だから、書いてあっても頭に残らないし、それほど重要な情報とは分からない。

しかし「FXチャートリーディングマスターブック」では全編に渡ってその手法のトレードを推奨する記載があり、そのトレードをするべき根拠や優位性も詳細に語られています。

ある程度経験のあるトレーダーからすればこの考え方は普通と言えますが、当時初心者であった僕にはなるほどなーとうい感じでした。

他にも、ポジションメイクやロスカットにおける指値注文の完全否定など、無難な記載が少なく、尖った内容になっています

この本を読んでどう変わったか

この本を読んでからは、僕は「高くなったら買って、より高くなったら売る」「安くなったら売って、より安くなったら買う」というトレードをするようになりました。

本を読む以前は、チャートを見ていて「ここまで下がったら買いたい」「ここまで上がったら売りたい」と思っていたのだから、正反対のトレードに切り替えたことになります。

このことからも、まさに、僕の思考にコペルニクス的転回が起こったと言えるでしょう。

トレードスタイルが変わってからはチャートを読んでシンプルなトレードをするようになり、実践を開始してから損失が激減しました。

そして、徐々に利益もついてくるようになり、2~3ヶ月くらいで自分のスタイルが確立できて収支がプラスで安定するようになりました。

この本が向いている人と向いていない人

ここからは「FXチャートリーディングマスターブック」が向いている人、向いていない人を紹介していきます。

当然ながら「FXチャートリーディングマスターブック」はどんな人にもおすすめできるというわけではないです。

まず、この本の内容を理解するためにはある程度FXの事を知っておく必要があります。

この本は初心者向けの書籍ではあるのですが、FX用語の説明とかは詳しくされていないのでFXを全く知らない状態で読むと得られるものは少くなってしまいます。

だから、FXを始めるための最初の1冊目はもっとFXの基礎の基礎が分かるような本を選び、2冊目にこの本を選ぶと良いと思います。

そして、トレードを実践して「勝てない」という体験をした後にこの本を購入すると最も効率的にチャートリーディングが学べるでしょう。

恐らく、トレードを経験しない状態でこの本を読んだとしても書いてある重要なポイントを本当に理解することはできないように思います。

また、この本を特におすすめするのは「安くなったら買う」「高くなったら売る」というトレードをして負けている人です。

そのような人がこの本を読めば、別の視点からチャートを見ることができるようになるでしょう。

僕以外の評判について

FXチャートリーディングマスターブックに対する僕以外の評価についてですが、この本はアマゾンでも高い評価を受けています。

アマゾンの評価を参考にすべきかどうかは賛否あるとは思いますが、一応、30件以上のカスタマーレビューがあり平均点数5点満点中4点になっています。

このことからも、「FXチャートリーディングマスターブック」は多くの人購入されて評価されていることが分かります。

ただし、この本にも欠点はあります。

「FXチャートリーディングマスターブック」の欠点は、初心者向けの書籍にして価格がそこそこ高く、定価で2,800円+税することです。

また、アマゾンの中古出品でもそれほど値下がりがしていないので、中古でもそれほど安く購入することができません。

僕は運良く本屋で見かけて立ち読みで中身を確認してから購入することができましたが、やはり置いてない本屋は多いです。

特に田舎には置いていないだろうから、購入する場合はほとんどの人が中身の確認できない通販で購入しなければなりません。

中身が見れない状態で2,000円以上の本を買うのは少し気が引けるでしょう。

まあ、僕としては、この本には明らかに定価以上の価値があると思っているが、その辺りは人それぞれだからなんとも言えません。

ただ、僕が読んだ初心者向けのFX関連書籍の中ではこの本が最も優れたものであると思っているし、FX初心者に最もおすすめしたい本だとも思っています。

ちなみに、下はアマゾンリンク(このリンクから購入すると僕に50円くらい報酬が出るぞ!)

僕が持ってるもう1冊の本について

FXバイブル写真

僕が持っているFX関連書籍2冊の内のもう1冊は、岡安盛男さんの「FX攻略バイブル」です(定価1,800円+税)安い!

こちらもまあまあ良い本で、FXの基礎の基礎がしっかりと解説されているので、ゼロからFXを始めたい人におすすめできる本です。

「FX攻略バイブル」には尖った内容の記載は無いが、普遍的な情報が広く浅く記載されていて入門書としては良い出来になっていると思います。

上にも書いたように、「FXチャートリーディングマスターブック」を1冊目に選んでも十分に理解できない可能性があります。

なので、1冊目にどの本を選べば良いか分からないという人は「FX攻略バイブル」を選ぶと良いのではないかと思います。

ちなみに、「FX攻略バイブル」は本屋で置いてあるのを結構見かけるので、興味があれば近くの本屋で確認して見ると良いでしょう。

まとめ

ほとんど1冊の本しか紹介していないのに、かなり長い記事になってしまいました。

「FXチャートリーディングマスターブック」は初心者向けのFX関連書籍のなかでは比較的高額の部類に入るけれど、それ以上の価値があるのは間違いないと思います。

「FXで勝ちたいけど勝てない」という人でこの本に興味をもったのなら、購入を検討することをおすすめします。

基礎がしっかりとできている中級者以上の人はこの本から得られることは少ないかもしれませんが、初心者であれば大きな学びがあると思います。

ちなみに、僕はこの本の著者である井上義教さんのこと自体はそれほど知らないし、当然ながら金銭の授受関係もありません。

単純にFX初心者に紹介するには良い本だと思ったし僕自身に大きな利益をもたらしてくれた本なので、絶賛させてもらいました。

以上「FX初心者おすすめ!コペルニクス的転回をもたらすパない書籍」でした。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • 株式会社オスピスの井上義教と申します。
    過分なお言葉を頂き、恐縮しております。
    適当な書籍があまりにも多い中、そういった書籍を全て(笑)駆逐するために出版したのですが、時間の経過とともに本屋さんに置かれる機会は減ってしまい、当初の目的は達成できていない状況です。
    しかし、このような形でご評価を頂き、世の中の方に知らせて頂けるというのは、本当にありがたい限りです。
    この場をお借りしまして、お礼申し上げます。
    今後ともどうぞよろしくお願いします。

                       株式会社オスピス 井上義教

    • まさか、紹介した本の著者様からコメントをいただけるとは!
      わざわざコメントいただき、ありがとうございます!
      僕自身、井上様の本を読んで為替でなんとか戦えるようになったので非常に感謝しています。
      投資本は数多いですし、その中で売れ続けるのは大変だと思います。
      微力ではありますが、当サイトが井上様の本の出版目的に貢献できれば幸いに思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。