自動売買EA「トレンディワン・レガート」のレビューをするぞ٩( ᐛ )و

現在、僕のリアル口座で稼働をしているEAの1つである「トレンディワン・レガート

トレンディワン・レガートはデイトレード系のEAでフォワード結果の優秀さから注目されるようになったEAです。

このEAはリスクが低くて高い勝率を残しているので徐々にユーザーが増えてきています。

今回は「トレンディワン・レガート」の詳細なデータを提示して個人的な評価・レビューを紹介していきます。

「トレンディワン・レガート」の概要

まず最初に「トレンディワン・レガート」の概要について簡単に紹介しておきます。

EAの名称:トレンディワン・レガート
取引スタイル:デイトレード
通貨ペア:EUR/USD
最大ポジション数:1
テイクプロフィット:56pips
最大ストップロス:110pips

トレンディワン・レガートのさらに詳しい情報は公式サイトで確認ください。

「トレンディワン・レガート」の特徴

トレンディワン・レガートはfx-onで販売されているデイトレードEAです。

販売直後は特に注目はされていませんでしたが、販売開始から順調なフォワード結果を記録して注目を集めるようになりました。

その結果、EAの知名度も上昇して現在は100人以上のユーザーに利用される人気EAになっています。

ここからは「トレンディワン・レガート」の特徴や機能を紹介していく。

優秀なフォワード結果

トレンディワン・レガートchart

EAの優秀さを判断する基準として最も重要なのはフォワード結果です(上の画像は2015年1月~2015年8月までのフォーワード結果)

まず特徴的なのは、デイトレードEAであるにもかかわらず負けたトレードの数が少ないということですね。

基本的にデイトレードEAは負けと勝ちを繰り返しながら徐々に資産が増えていくものですが、トレンディワン・レガートにはほとんど負けがありません。

2015年6月にあるドローダウンもギリシャの債務問題の際に発生したものであり、負けは不可抗力であったと言えます。

そのドローダウンを除けばほとんど負けはなくあったとしても微々たるものです。

最近はデイトレード系のEAが流行りつつあるが、トレンディワン・レガートはデイトレードEAの中でも1・2を争う優秀なEAだと思います。

最新のフォワード結果や更に細かいデータを見たいという人はトレンディワン・レガートの公式販売ページを確認してみるとよいでしょう。

損失が限定されていて超低リスク

トレンディワン・レガートの特筆すべき点はドローダウンのリスクがものすごく小さく限定されているということです。

トレンディワン・レガートはポジションを1つしか持たず、最大ストップロスは110pipsという仕様になっています。

こういった仕様であるため、最大限にポジションを持って最大ストップロスに刺さったとしても損失は110pipsだけですんでしまいます。

最大限に負けたとしても、損失が大きくならないというのがトレンディワン・レガートの大きなメリットです。非常にリスクの低いEAなので、自動売買初心者にもオススメのできるEAだと思います。

金曜日にエントリー制限・ポジション強制決済する機能

トレンディワン・レガートには、金曜日のエントリーを制限する機能と、金曜日にポジションを強制決済する機能が搭載されています。

土日を持ち越すポジションを持つことは思わぬリスクを生み出すことになりますが、この機能はそういったリスクを排除してくれます。

デイトレード系のEAはポジション保有時間が長くなるので、金曜日にポジションを持つとポジションを土日に持ち越す可能性が高くなってしまいます。

金曜日に手動で自動売買を停止すればリスク回避は可能だが、そういった面倒な手間を省いてくれる便利な機能と言えるでしょう。

トレンディワン・レガートの評価

トレンディワン・レガートはローリスクで、フォワード結果も良好なEAです。

個人的に気に入っているのは、とにかくリスクが低いという点です。

やはり、最大ポジション数が1つで最大ストップロスが110pipsというのは低リスクで安心して稼働ができます。

恐らく、現在僕が利用しているEAの中では最もリスクの低いEAでしょう。

また、デイトレード系のEAなので勝ったときには利益が大きいというのも嬉しいポイント。

スキャルピング系のEAと組み合わせることで、スキャルピング系のEAが動きにくい相場でも利益を出すことができるようになるのも良い点です。

限定されたリスク・優秀なフォワード結果という特徴から、自動売買初心者に特にオススメできるのEAの1つだと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。